結婚式招待状の返信の書き方:結婚式マナー

結婚式招待状の返信の書き方のマナー
  
 結婚式や結婚披露宴の招待状が届いたら返事は早めに出します。
 招待状の出欠を元にして結婚式の座席表が作成され、料理や引き出物の数
量を決定しますので、いつまでも返事をしないと先方に迷惑をかけてしまう
ので気をつけてください。
 返事がないとすすめられない部分もあって相手が困ります。

電話での返事でいいかな?

 仲の良い友人から招待状が届くと電話をすることが多いのですが、電話で
結婚式への出席の意思を伝えたとしても招待状の返信は必ずしてください。
それがマナーです。引っ越していた場合など住所の連絡にもなります。

予定がたたないときはどうするの?
 仕事の関係などで結婚式当日の予定が立たない場合は、あらかじめ電話を
して事情を説明しておきましょう。そして結婚式の何日前には予定がはっき
りするのかを伝えておき、招待状の返信を出しましょう。

 予定が決まった段階ですぐに連絡をいれることも忘れないでください。
 また、身内の病気などで予定が全く立てられない場合は、先方を心配させ
ないためにもはっきりとした事情を話さずに「どうしても都合がつかなく
て…」「やむを得ない事情があって…」と伝えておき、結婚式の後に理由を
伝えるのがよいでしょう。

招待状の返信の書き方
 結婚披露宴の返信の仕方にもちゃんとマナーがあります。
知っていないと見えないところで笑われてしまいます。

表書き:
返信先の宛名には「○○行」や「○○宛」と書かれていますので、「行」
「宛」を二重線で消して「様」と書き換えてください。

裏書き 出席の場合:
「御出席」「御欠席」「御住所「御芳名」と書かれていますが、「御」「御
芳」を二重線で消して、「出席」に○をつけます。「出席」の上には「喜ん
で」下には「させていただきます」と付け加えると丁寧さが増します。

 そしてあいているスペースやコメント欄に「結婚おめでとう」などお祝い
の言葉を添えてください。コメントがあると喜ばれます。


裏書き 欠席の場合:
 出席の場合と同じように「御」「御芳」を二重線で消して、「欠席」に○
をつけます。なぜ欠席しなければならないのかを添えてください。
 法事などで欠席する場合は「都合がつかず」としておきましょう。

 マナーを守って気持ちよく結婚式に参加しましょうね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。