基本事項:手紙のマナー

手紙を書く前に知っておきたい基本
 親しい友人や気さくな間柄の方との手紙のやり取りでは、改めてマナーがどうのという話はないでしょうが、会社の上司や目上の方に出す場合、あまり礼儀知らずの手紙では、常識を疑われことにもなりかねませんよ。

 一通りの形式は理解しておきたいものです。
 手紙というのは基本的に

 1:前文(書き出しの言葉+安否の挨拶)
 2:主文(手紙の本題)
 3:末文(終わりの挨拶+結びの言葉)
 4:あとづけ(日付+署名+宛名+敬称+わきづけ)
 5:副文(追伸)

 の5つの文章から成り立っています。この構成は、長年にわたって磨き上げられ、完成したものですから、初めて手紙を書く人もこれに従って書けば、一応カタチの整った文章になりますよ。

 無難な手紙や格式ばった手紙には、この定石が役に立ちますから、覚えておくとよいでしょう。文中で、相手の名前や敬称が行の一番下になる場合や二行に分かれるようなときには、失礼にならないよう次の行から書き始めるようにします。同様に、「私」が行頭にくる場合には、一字分下げて書くことになっています。

表書きは、楷書の読みやい字で書くこと
 封筒の表書きは、まず読みやすいことが大切です。楷書でしっかり書くよう心がけましょう。郵便番号はきちんと赤枠の中へ、その下一字分くらい空けて宛先の住所、さらに一、二字分下げて中央部に宛名をちょっと大きめの字で書きます。宛先が二行になる場合には、宛名は、二行目より少し上から。

 敬称は、「様」の他に、役職名を書くことがありますが、女性が書く場合には、すべて「様」でよいでしょう。また、便箋が一枚で終わったときには、何も書いていない白紙の便箋を一枚添える人がいますが、これは不要ですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。