ご祝儀:結婚式のマナー

ご祝儀:結婚式のマナー

結婚式ご祝儀の金額のマナー

友人・同僚・部下・いとこ…3万円
上司・親戚…5万円 甥・姪…5〜10万円

上記の金額が相場ではありますが、遠方の場合の交通費を招待者が負担するのか出席者が負担するのかで金額は変動します。

また、結婚式出席者が学生の場合3万円は厳しいというときは2万円でもかまいません。その場合は1万円札と5千円札2枚で2万円とすればよいでしょう。

ご祝儀袋のマナー
結婚式用にご祝儀袋を買いに行くとたくさんの種類があって、どれがいいのか迷ってしまいますよね。ご祝儀袋の中央についている水引の形や色で選んでください。

<色>
結婚式用の水引の色の基本は紅白、もしくは金銀です
黄色と黒の水引は葬式用なので間違えないで下さい。

<形>
結婚式用の水引の形も重要です。
ちょうちょ結びになっているものではなく、『結び切り』と呼ばれる形のものが結婚式用として使用されます。
また紐の先が上を向いているものを選びましょう。

<豪華さ>
水引がプリントされているものもありますが、結婚式に出席する場合は紐がちゃんとついているものを持参してください。ご祝儀袋は水引が豪華なものがありますが、豪華だから良いというわけではありません。中身と袋がつりあっているものを選ぶ必要があります。

1〜3万円:結び切り(一般的な形の水引です)
5〜8万円:あわび結び(金銀が多く、結び切りより豪華です)
10万円以上:水引細工(紐だけでなく、鶴や鳳凰などが水引で細工されたものです)

ご祝儀袋の書き方マナー
表には「寿」「御祝」などと水引よりも上に書きます。最近はすでに結婚式用に印刷されているものもありますよ。水引の下中央にフルネームであなたの名前を書きましょう。ボールペンではなく、毛筆もしくは黒の筆ペンで書きましょう。

代筆をしてくれるお店もあるので、自分で書くのが苦手な方はあらかじめ代筆をお願いするといいですよ。字が上手でなくても心をこめて書くのが一番です。

ご祝儀袋の包み方マナー
ご祝儀袋の裏面も包み方のマナーがあります。上と下から折りますが、下から折った面が上になるようにしてください。つまり先に上から折って次に下の面を折るのです。これが結婚式用の包み方です。
逆にしてしまうと葬儀の折り方になってしまうので、要注意です。

袱紗(ふくさ)のマナー
ご祝儀袋を結婚式当日に渡すときに必要不可欠なのが袱紗(ふくさ)です。袱紗(ふくさ)とは絹やちりめんで織られた布で儀礼用として使用します。ご祝儀袋を袱紗(ふくさ)に包んで受付に持って行きます。間違ってもご祝儀袋をむき出しのままもって行かないように気をつけてください。結婚式の受付で袱紗(ふくさ)からご祝儀袋を取り出します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。