結婚通知:結婚式のマナー

結婚式のマナー

結婚の挨拶状も1ヶ月以内に
 結婚の通知は、結婚後1ヶ月以内には送るようにします。結婚式に出席いただいた方はもちろん、新居の通知もかねて、友人や知人などにも送った方がよいですね。

 挨拶状には、いただいた祝電やお祝い品のお礼など、手書きで心をこめた文章を添えるようにしてください。

結婚・新居通知書
 披露宴に出席してくれた人へは、そのお礼と、新居をどこに構えたかを知らせる新居通知状を出します。

 披露宴に招待できなかったけれどお祝いをいただいたという人には、無事結婚したことと新居を構えたことを知らせる結婚通知を出します。現在では新居通知と結婚通知を兼ねてつくるのが一般的です。式の前に印刷を依頼し、送る人のリストアップをしておきましょう。

 新婚旅行から帰ったら、発送しましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。