結婚式招待状の返信の書き方のコツ:手紙マナー

結婚式招待状の返信の書き方のコツ

「御」「お」は消す
 自分の事を話す時、「私のお名前は・・・」などとは言いませんよね。
ですから招待状にある「お名前」「ご住所」などの「御」や「お」は消して返信してください。
「御芳名」の部分は「御芳」を消して「名」だけにしてください。

文字を消す時は二重線を使用
 文字を塗りつぶしたりするのは、社会人として恥ずかしいことです。修正液を使うのもあまり良くありません。
 いらない部分は二重線で消して、書き間違いはしないように気をつけてください。

出席に一言添える
出席に丸を打つ際は、ただ丸で囲うよりも「慶んで(喜んで)」などと一言添えたほうがスマートですよ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。