結婚祝い:結婚式のマナー

結婚祝いを贈る:結婚式のマナー

・10日前までにが基本
 披露宴の案内状をもらって出欠の返事をしたら、次に結婚祝いの贈り物を考えなければなりませんね。

 贈り物は早めに届けるのが礼儀ですが、一般的には挙式の1ヶ月〜10日くらい前までに贈るのが適当でしょう。

 披露宴の当日に持参すれば喜ばれるかも・・・などという考えは間違っても起こさないように。大変に迷惑で、その日1日あなたは「礼儀を知らない非常識な人」となってしまうでしょう。

 親しい間柄で案内状をもらう前に知っていたら、その時点でお祝いを贈ってもかまいませんよ。ただし、招待を催促しているようにとらわれる場合もあるので注意してくださいね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。