服装:結婚式のマナー

服装:結婚式のマナー

 結婚式に着るファッション。結婚式や披露宴で着る服装にはいつも悩まされますよね。
 実は、色や素材、披露宴の時間帯によっても違ってくるのですよ。

 午後5時以前に始まる結婚披露宴
・女性のマナー
 服装は肌をあまり露出せず、光沢が少ない素材のものがよいでしょう。
ワンピースやアンサンブルでスカートはひざ丈ほどのものを選んでください。色は柔らかい色が好ましいですね。それがマナーのようです。

 ただし白はタブーです。アクセサリーも陽に映えるような透明に近いものが綺麗です。
 バッグも服装と同様に光沢がないものを選んでください。
 蛇やワニ皮などは殺生を連想させるので冠婚葬祭時には避けてください。
 靴はヒールがあるもので、高いほどフォーマルとされます。
 以上が一般的な女性の結婚式のマナーですので覚えておいてください。

・男性のマナー
 結婚式、披露宴では、黒か濃紺のスーツでかまいません。
 ネクタイは白いものが一般的です。
 靴も黒いプレーントゥかスリッポンタイプを履いてください。
 汚れがないようにしっかり磨いておきましょう。
 以上が一般的な男性の結婚式のマナーですので覚えておいてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。