宛名など

『○○係御中』

同人サークルさんの中には、事務作業簡略化のため、宛名と共に『通販係』とか『○○本予約係』等の表記を求めているところも少なくありません。
ペーパー等の『お申し込み方法』の欄等にその旨書かれている場合は、それを書くのがマナーですし、書いた方が相手の方の作業も早くなるので、当然返事も早くなることでしょう☆
・・・ただし、指定されていない場合は絶対に書かないこと!
事務作業の妨げや、その他トラブルになる原因となりがちです。
親切心からだとは思うのですが、勝手に『○○係』を作って送ってしまうケースを良く見かけますので注意が必要です。


宛名シール

パソコン・ワープロで印刷したもの・手書きのもの、またはシール紙・普通の紙の裏に両面テープ・・・といろいろパターンがありますが、よく見かけるのが2センチ×3センチくらいの小さい宛名シール。
あんまり小さすぎるのも考えものなのでは・・・?


リターンアドレス

つまり、自分の住所と名前ですね。
どんな場合も必ず書きましょう。(『アンケート募集』とかの企画で、相手方が『匿名可』とおっしゃっている場合は例外ですけど・・・)
もし記載しなかった場合、『差出人不明の怪しい手紙』として、封も開けずに捨てられてしまったとしても文句は言えません。
封書・葉書の裏側か、表の右下(縦書の場合は左下)に書くのが普通。
ペンネームは不可です。普段から、郵便がペンネームやサークル名で届くように手配している方はそれでも構いませんが、中にはそういう手紙が届くのを嫌がる方もいらっしゃることを考慮してください。
・・・もちろん、郵便番号・住所は正確に。
特に地名・人名は難解な漢字や、区切り位置がわかり難い場合が多いので、はっきりとした楷書で、区切り位置も明確な書き方をするのがベスト。
あと・・・これも当たり前のことなのですが、リターンアドレスは相手の方の宛名より小さな字で書きましょう。
宛名がカード・シール等の場合は、それほど気にしなくても大丈夫かとは思いますが、通常の場合、相手の方のお名前より自分の名前の方が目立つ書き方をしたら失礼にも当たりますし、一歩間違えたら・・・自分宛の手紙と勘違いされて戻ってきてしまうかもしれませんよ(笑)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。