手紙の書き出し

手紙の書き出し

まずは名乗ってください。
リターンアドレスに名前を書いていても、改めて名乗らないとなりません。
普段ペンネームでお付き合いしている間柄の方なら、当然ペンネームで名乗りましょう。・・・『はじめまして』の場合は本名でもペンネームでもケースバイケースでしょうね。


手紙の用件

まず、先に用件を書いてしまうのが絶対的マナー。
大事な同封物がある場合は、合わせてここで記載しておくと良いでしょう。
近況報告や、好きな作品に関する話題などは、用件の後に書きましょう。
相手の方と事務的なお付き合いしかしていない場合(通販メインの大手サークルさんなど)は、用件以外の雑談を別紙にしてしまう・・・という方法をとるのも一つの手です。


用件は具体的に・・・

『便箋ください』といってもどの便箋が欲しいのかわからない。
『募集広告読みました』といっても、以下同文。
もしかすると相手の方は、貴方が偶然目にしたペーパーや雑誌以外にも似たような、それでいてちょっと内容の違うCM等を出していらっしゃるのかもしれません。
具体的に『ペーパー○号に載っていた○○便箋ください』とか、『雑誌○○で募集していた○○について教えていただきたいのですが』・・・と書けば、間違いもありません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。