料金

郵便料金

必ず調べてから投函しましょう。
便箋2〜3枚なら80円切手で問題ないでしょうが、4枚くらいになってくると、フルカラー用の厚手の紙の便箋を使った場合、結構微妙な重さになる場合があります。
料金不足で戻ってきたのなら問題ありませんが、相手方に不足料金の請求がされてしまうことも考えられます。
不安な場合は、郵便局の窓口に持参することをお勧めします。


返信用切手

お問い合わせなど、返事が必要な手紙の際は、必ず切手を同封します。
指示がない場合は80円で良いでしょうが、ペーパー請求も合わせてする場合は、更に10円分の切手も加えておくと間違いないでしょう。
切手は生(?)で入れないで、余白の部分を利用して便箋に貼り付けるとか、便箋に小さな切込みを入れて固定するとか、なくなってしまわないように、心配りしておくべきです。
『切手同封しました』の一言を忘れずに。


返信用封筒

お問い合わせの際など、指示がない場合は同封しなくても構いません。
同封する際は、必ず長形4号封筒に指示された額の切手を貼付し、自分の住所・氏名を記入しておくのが一般的。
一般常識なら、氏名の後に『行』や『宛』を記入するところですが、同人関係の手紙の場合は書かないのが普通です。
逆に、わざと『様』付けすることの方が多いでしょうか。
サークル側としては、作業の簡略化になるため、むしろありがたいことなのですが、『なんだか、気が引ける』・・・という方は、『様』を自分の氏名より一回り小さい字で書くと良いでしょう。
封筒は、横に3つ折りして入れてください。縦2つ折りだと、封を切る時に一緒に切ってしまう場合があって危険です。
また、特別指示はなかったけど、返信用封筒を同封する・・・という場合は、切手を貼付せずに、余白の部分などで仮止めした状態で同封する方が良いでしょう。(返送物の大きさの問題等で、別の封筒を使うことも考えられますので・・・)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。