ミニレター

ミニレター

ミニレターの利用

意外と認知度が低い郵便物として、『ミニレター』というものがあります。
専用の封筒兼用の便箋を使い、60円で発送することができる、お得な郵便物です。
誤解されている方も多いようですが、専用封筒以外の薄い紙程度(全重量25gまで。それ以上は全て定形外扱い)なら同封することができるので、同人取引には最適・・・と、思われるのですが・・・
実は、同人サークルにとっては、あまり『最適』ではないんです。
理由は、ミニレターは『便箋を折り曲げて、端の三辺を糊付けすることで封筒になる』・・・という点。
小為替等の同封物があった場合・・・まずは小為替自体を折らなくては(例え、点線部分で折り曲げたとしても、折り目から切れてしまう可能性があるので避けるべきです)入らないし、糊付けの際に、糊が付着してしまう危険性もかなり高いのです。
開封の際には、糊付けした三辺を切り落とさなくてはならないので、当然、中の小為替にも危険が迫ります。
なら、小為替同封していない場合は良いのか・・・という疑問もあるでしょうが・・・
まあ・・・理屈としては、その通りです。
ただ、送り先の方が、開封前に中身を知る手段なんてないわけで・・・つまり、中身が何であろうとも、『もしかしたら小為替が入っているかもしれない』・・・と、ドキドキしながら慎重に開封しなくてはならないわけなのです。
はっきり言って、事務作業の効率的には最悪。
やはり、マナー的には使用を差し控えた方が無難でしょう・・・(通販・お問い合わせの際のミニレター使用禁止とマニュアル化しているサークルさんも多いです)
・・・でも、相手の方が、手紙の目的を承知しているような場合(ペーパー配布先による完了通知等)につきましては、有効な手段であるのも確か。
そして、通販の際、宛名に『○○係』って明記することをルール化しているサークルさんなら、通販関連以外のミニレター使用は問題ないでしょうし・・・。
あと、口座入金のみのサークルさんとかも、大丈夫・・・なのかな?
いずれにしても、使いわける技術が必要でしょうね。
まあ・・・無闇に使わないことをお勧めしておきます。
特に、初めての相手の方へのお手紙の場合は。


冊子小包

とは、ズバリ『冊子状のもの・・・つまり本などを送るため』の郵便サービスです。
ということは・・・『本』以外のものを同封してはいけないわけでして・・・
かなり勘違いしている人(それとも故意?)多いみたいですよ〜
確かに送料は普通郵便よりかなり安くなりますが、ルールはルール。
『同人屋はルール守らない』なんてレッテルを貼られないように、心しておくべきです!!
・・・っていうか、場合によっては、送り先の方に迷惑がかかってしまう可能性(追加料金を取られるとか)もありますから・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。