同封

同封不可物

現金・危険物は法律で禁じられているので、絶対にダメ!
他にも、受け取った相手の方が不快になったり、困ってしまうようなものを同封してはいけません・・・って、当たり前のことなんですけどね。


お手紙を送る時期

・・・基本的には手紙を書くのも送るのも自由なことなのでしょうが・・・
年末年始や連休時期等に小為替・原稿・大事な用件同封の手紙を発送することは見合わせた方が良いでしょう。
郵便局の方に失礼とは思いつつも・・・特に年末年始は郵便事故の可能性が高くなるでしょうし、連休中だと配達自体が止まってしまいますから。
また、留守がちな時期に送った手紙は、相手の方にすぐに受け取ってもらえないばかりか、留守中にポストの中から紛失してしまったり・・・という事故に巻き込まれる可能性も否定できません。
あと・・・地震・津波・噴火等の大規模自然災害が起きている地域の方に同人関係の手紙を送ることが不謹慎(っていうか、受け取ることが不可能な状況かもしれませんし)なのは言うまでもないことですが、台風接近中等の一時的な悪天候が予想される地域へのお手紙も控えた方が良いでしょう。
濡れたり飛ばされたりする可能性もありますので。
まあ、あまり気にし過ぎるのも問題ですが、できる限り配慮する方が無難かと思います。


郵便局の民営化

・・・に伴って、マナーにもなんらかの変化が見られるかとは思いますが、それについては後日様子を見て書き足すということで・・・
とりあえず、気になることは・・・郵政民営化に併せて、各民間業者が今までとは違った形の参入をしはじめているようですが・・・
とりあえず『今の段階』では、相手方からのOKがない場合に、郵便以外の他業者を使うことは控えた方が無難かもしれません・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。