服装、平服:結婚式のマナー

服装、平服:結婚式のマナー
平服とは?
 レストランウェディングなどの場合、「平服でお越しください」と書かれている場合がありますが、普段着のことではありませんよ。さすがにそう思う人はいないと思いますが、フォーマルの服装でなくて良いということでカジュアルな服装で着てくださいという意味ではないので誤解しないでくださいね。

 流行を取り入れつつ、品のある服装をしましょう。

 露出度が高いものは避けてください。男性はダークスーツでネクタイは柄物や水玉などで大丈夫です。あくまでも結婚式であるということを忘れないでください。

 結婚式はおめでたいことですし、全て形式にこだわりすぎるとかえって楽しめなくなってしまいますよね。最低限の結婚式のマナーさえ覚えておけば大丈夫なんです。

 初めて結婚式に出席するときは緊張しますが、そのときに周りのマナーや服装をしっかり見ておけば次回に生かすことができるので勉強のつもりで参加してみてね。

服装:結婚式のマナー

服装:結婚式のマナー

 結婚式に着るファッション。結婚式や披露宴で着る服装にはいつも悩まされますよね。
 実は、色や素材、披露宴の時間帯によっても違ってくるのですよ。

 午後5時以前に始まる結婚披露宴
・女性のマナー
 服装は肌をあまり露出せず、光沢が少ない素材のものがよいでしょう。
ワンピースやアンサンブルでスカートはひざ丈ほどのものを選んでください。色は柔らかい色が好ましいですね。それがマナーのようです。

 ただし白はタブーです。アクセサリーも陽に映えるような透明に近いものが綺麗です。
 バッグも服装と同様に光沢がないものを選んでください。
 蛇やワニ皮などは殺生を連想させるので冠婚葬祭時には避けてください。
 靴はヒールがあるもので、高いほどフォーマルとされます。
 以上が一般的な女性の結婚式のマナーですので覚えておいてください。

・男性のマナー
 結婚式、披露宴では、黒か濃紺のスーツでかまいません。
 ネクタイは白いものが一般的です。
 靴も黒いプレーントゥかスリッポンタイプを履いてください。
 汚れがないようにしっかり磨いておきましょう。
 以上が一般的な男性の結婚式のマナーですので覚えておいてください。

披露宴マナー:結婚式マナー

披露宴マナー:結婚式マナー

・賛美歌を知らない場合は?
 協会堂に入ると渡される式次第に賛美歌が印刷されています。新郎・新婦は大きな声で賛美歌が歌えるよう、事前に練習して式に臨んでください。
 
 参列者の中には初めて手にする賛美歌を歌えない人もいますが、歌詞だけでも味わいながら小さな声で読むようにするとよいですよ。

・夫婦で招待されたら
 披露宴に夫婦で招待されたら、やはりお祝い金も2倍になるのでしょうか?
 そもそもお祝い金は披露宴の会費ではありません。
 だから夫婦で招かれても1つの包みでよいわけです。ただし2倍とは限らないにしても、そこは気持ちをこめて多くしておくのが常識というものでしすね。
 お祝いの品でちょっとフンパツする方法もありますのでよく考えてみてください。

結婚祝いの贈り方:結婚式のマナー

結婚祝いの贈り方:結婚式のマナー

・結婚祝いの贈り方
 結婚祝いは、直接持参して渡すか、専門店などから送ることになるでしょう。
 直接持参する場合には、訪問できる日時を先方にうかがい、迷惑にならないようにしてください。

 訪問する時間は、午前中にするのが礼儀ですよ。無理でも、午後3時までが限度と考えて行動しましょう。

 専門店から発送する場合には、同時に必ず手紙も出すのがマナーです。手紙は別便で、品物より先に届くように郵送してください。

 専門店で注文するときには、必ず結婚祝いであることを伝え、紅白の水引をかけて熨斗をつけてもらってください。
 またこちらの名前も忘れずに記入してくださいね。

結婚祝いの品:結婚式のマナー

結婚祝いの品:結婚式のマナー

 実用的に迫るなら台所用品ですね。
 電気炊飯器、電磁調理器、ホットプレート、鍋セット、オーブントースターなどいろいろあります。食器類も新しい生活には欠かせないものですね。スリッパ、毛布やシーツのセット、クッションなどの日用品も必要です。

 記念品の意味を重視するなら、観葉植物、置き時計、インテリア照明など、日常的に室内を飾るものがよいでしょう。

 ちょっと変わったところでは、料理や家庭医学の本などをプレゼントする人もありますね。

結婚祝い:結婚式のマナー

結婚祝い:結婚式のマナー

・相手を考えて
 贈り物は相手のことをよく考えて選びたいものですね。迷惑になっては何にもなりませんよ。相手の好みはもちろん、新しい生活のライフスタイルや住居空間のことも考えてあげてください。

 親しければ、予算と候補の品を伝え、どういうものがいいかを聞いてみるのがよいですね。友達何人かでお金を出しあって高価なものを1つ贈るのも喜ばれます。

 常識にしばられることなく、記念になる品も候補に入れて考えてみましょうね。

二次会:結婚式のマナー

二次会は楽しくしたい:結婚式のマナー

・二次会は会場選びがカギです
 新郎側の友人と新婦側の友人が集まる二次会では、その2つのグループが融合して楽しめるような雰囲気でなければダメですね。そういう意味では、小さいテーブルがいくつもあるより、全体で1つになれる大きなテーブルがある会場が適当でしょう。

 立食パーティーなら、全体が見渡せるようなつくりになっていることも大切な条件となりますよ。ステージをつくるなど、会場に合わせて工夫しましょう。

・二次会を成功させる秘訣
 二次会を盛り上げるゲームやアトラクションを考えるなら、常に新郎新婦が中心となってコトが運ぶようにするのがコツです。
 主役そっちのけで、ネルトンゲームなどをやっても、あとで必ずシラケてくるものです。幹事は、新郎新婦の個性をよく考えて、それに合った二次会を演出してくださいね。

結婚祝い:結婚式のマナー

結婚祝いを贈る:結婚式のマナー

・10日前までにが基本
 披露宴の案内状をもらって出欠の返事をしたら、次に結婚祝いの贈り物を考えなければなりませんね。

 贈り物は早めに届けるのが礼儀ですが、一般的には挙式の1ヶ月〜10日くらい前までに贈るのが適当でしょう。

 披露宴の当日に持参すれば喜ばれるかも・・・などという考えは間違っても起こさないように。大変に迷惑で、その日1日あなたは「礼儀を知らない非常識な人」となってしまうでしょう。

 親しい間柄で案内状をもらう前に知っていたら、その時点でお祝いを贈ってもかまいませんよ。ただし、招待を催促しているようにとらわれる場合もあるので注意してくださいね。

結婚通知:結婚式のマナー

結婚式のマナー

結婚の挨拶状も1ヶ月以内に
 結婚の通知は、結婚後1ヶ月以内には送るようにします。結婚式に出席いただいた方はもちろん、新居の通知もかねて、友人や知人などにも送った方がよいですね。

 挨拶状には、いただいた祝電やお祝い品のお礼など、手書きで心をこめた文章を添えるようにしてください。

結婚・新居通知書
 披露宴に出席してくれた人へは、そのお礼と、新居をどこに構えたかを知らせる新居通知状を出します。

 披露宴に招待できなかったけれどお祝いをいただいたという人には、無事結婚したことと新居を構えたことを知らせる結婚通知を出します。現在では新居通知と結婚通知を兼ねてつくるのが一般的です。式の前に印刷を依頼し、送る人のリストアップをしておきましょう。

 新婚旅行から帰ったら、発送しましょう。

新居、お祝い返し:結婚式マナー

結婚式のマナー

新居に移ったあとは
 新居に移ったら、なるべく早めに、二人そろって挨拶まわりをします。一戸建ての場合は、向こう三軒両隣くらいがよいでしょう。アパートやマンションなら、両隣と上下の部屋、管理人さん、大家さんなどに挨拶に伺います。
 このとき、タオルなど相手の負担にならない程度の品物を名刺がわりに持参するとよいですね。
 どちらかの両親と同居する場合は、両親から紹介してもらうようにします。

お祝い返しは1ヶ月以内にしましょう
 お祝いをいただいたのに、残念ながら披露宴に招待できなかった方には、内祝いの品を贈ってお礼にかえします。

 お返しする金額は、通常贈られた品の金額の半額程度のものとし、品物は実用品やいくつあっても困らないもののほか、引出物と同じものを内祝いとして贈るのもひとつのアイディアですよ。

 表書きは結び切りの「内祝」とし、下には結婚後の二人の姓を書きます。実家の両親の関係でいただいたような場合、実家の姓を書いた方がよい場合もあります。

 本来なら持参してお礼を述べるのが望ましいのですが、遠方の場合や数が多い場合は宅送にし、その場合は、礼状を忘れないように添えます。
 また、披露宴のときに祝電をくださった方にも忘れずにお礼を出しておきましょう。

挨拶まわりとお礼:結婚式のマナー

挨拶まわりとお礼:結婚式のマナー
 新婚旅行から帰ったら、まず初めにそれぞれの両親に無事帰ってきたことを知らせまましょう。当然ですね。同居の場合でも、挨拶はきちんと行うようにします。

 仲人への挨拶も親まかせにせず、きちんと本人たちが伺うようにします。都合のよい日に新婚旅行のお土産や結婚式の写真などをもって伺うのが良いでしょう。

 なお、これは婚礼の礼儀の延長ですから、いくら親しくてもくだけた服装での訪問は避け、フォーマルなもので挨拶に伺います。

 式に参列していただいた特別な来賓や、祝辞をいただいた方、今後もお世話になる職場の上司などにも、できれば挨拶に伺った方がよいでしょう。
 菓子折りや新婚旅行のお土産などを持参し、当日出席していただいたことや祝辞をいただいたことへのお礼をいいます。この場合も、礼儀正しく、きちんとした服装を心がけてくださいね。

結婚式の招待状の返信の書き方:結婚式マナー

結婚式の招待状の返信の書き方と対応

 披露宴の招待状をいただいたら、できれば披露宴の1週間前までに到着するように、同封されている返信用はがきで返事を出しましょう。すでに先方に出席を伝えてある場合でも、席次や引き出物などの準備ははがきで確認するので、返信はがきは必要ですよ。

 家族や肉親など、関係がごく近い人に不幸があった場合は、四十九日の忌明けまでは出席を控えたほうがよいでしょう。それ以降なら問題はありませんが、先方が一周忌前の人の出席を気にすることもあるので、ひと言確認をしてください。

 病気やケガ、身内の不幸など予期できない事情で出席できなくなったら、できる限り早めに先方へ電話をしてお詫びをしてください。これが披露宴当日ならば、式場への連絡が最優先です。できれば関係者を呼んでもらい事情を伝えましょう。

 交通費は本来は招待する側が負担しますが、お互いさまの間柄の場合は出席者が払うことも多いようです。ご祝儀と両方となると出費もかさみますが、ご祝儀から交通費を差し引いて包むようなことはスマートとはいえません。

 家族や近い間柄の親戚の不幸となれば、披露宴の欠席は仕方ありません。でも、そんなに親しくなければ、お通夜か告別式のどちらかに参列して調整をします。披露宴は欠席しても、包む予定だった金額を後日ご祝儀として渡してください。

 結婚式の招待状の返信の書き方と対応でした。

引き出物:結婚式マナー

結婚式のマナー:引き出物

 引出物は感謝の気持ちを込めて贈ります。
 披露宴に出席していただいた方へ、お礼と感謝の気持ちをこめて、引出物を送る習慣があります。

 引出物は記念品だけの場合と、記念品に折詰めや菓子箱をそえる場合とがあります。どちらかにするかは、地方でのしきたりなどにもよりますので、よく相談して決めてください。

 ちなみに、最近の傾向としては、お持ち帰りいただく荷物がかさばるのを避ける意味からも、折詰めを省略し、そのぶん引出物に予算をかける傾向にあるようです。

 地域の習慣、来賓の顔ぶれなどを考慮して、なるべく多くの方によろこんでもらえる品選びを心がけるようにします。
 注文は1〜2ヵ月前くらいにおよその数を伝えておき、1週間くらい前までには正確な数を連絡するようにしましょう。
 なお、ご夫婦で披露宴に出席する場合は、それぞれ、一つでも、夫婦で一つでもかまいません。

 引出物のメインである記念品には、多少流行のようなものがあります。
 一時的に人気の高かった時計類にかわって、最近は銀製のスプーンセットやワイングラス、洋陶器のセットなどが好まれています。

 つまり、少し高価で自分では買わないけれど、あれは便利という実用的でむだのないものがよいです。
 また、持ち帰りのことを考えると、軽くてかさばらないものが無難ですね。最近流行のカタログギフトなどは親切といえるでしょう。

ご祝儀:結婚式のマナー

ご祝儀:結婚式のマナー

結婚式ご祝儀の金額のマナー

友人・同僚・部下・いとこ…3万円
上司・親戚…5万円 甥・姪…5〜10万円

上記の金額が相場ではありますが、遠方の場合の交通費を招待者が負担するのか出席者が負担するのかで金額は変動します。

また、結婚式出席者が学生の場合3万円は厳しいというときは2万円でもかまいません。その場合は1万円札と5千円札2枚で2万円とすればよいでしょう。

ご祝儀袋のマナー
結婚式用にご祝儀袋を買いに行くとたくさんの種類があって、どれがいいのか迷ってしまいますよね。ご祝儀袋の中央についている水引の形や色で選んでください。

<色>
結婚式用の水引の色の基本は紅白、もしくは金銀です
黄色と黒の水引は葬式用なので間違えないで下さい。

<形>
結婚式用の水引の形も重要です。
ちょうちょ結びになっているものではなく、『結び切り』と呼ばれる形のものが結婚式用として使用されます。
また紐の先が上を向いているものを選びましょう。

<豪華さ>
水引がプリントされているものもありますが、結婚式に出席する場合は紐がちゃんとついているものを持参してください。ご祝儀袋は水引が豪華なものがありますが、豪華だから良いというわけではありません。中身と袋がつりあっているものを選ぶ必要があります。

1〜3万円:結び切り(一般的な形の水引です)
5〜8万円:あわび結び(金銀が多く、結び切りより豪華です)
10万円以上:水引細工(紐だけでなく、鶴や鳳凰などが水引で細工されたものです)

ご祝儀袋の書き方マナー
表には「寿」「御祝」などと水引よりも上に書きます。最近はすでに結婚式用に印刷されているものもありますよ。水引の下中央にフルネームであなたの名前を書きましょう。ボールペンではなく、毛筆もしくは黒の筆ペンで書きましょう。

代筆をしてくれるお店もあるので、自分で書くのが苦手な方はあらかじめ代筆をお願いするといいですよ。字が上手でなくても心をこめて書くのが一番です。

ご祝儀袋の包み方マナー
ご祝儀袋の裏面も包み方のマナーがあります。上と下から折りますが、下から折った面が上になるようにしてください。つまり先に上から折って次に下の面を折るのです。これが結婚式用の包み方です。
逆にしてしまうと葬儀の折り方になってしまうので、要注意です。

袱紗(ふくさ)のマナー
ご祝儀袋を結婚式当日に渡すときに必要不可欠なのが袱紗(ふくさ)です。袱紗(ふくさ)とは絹やちりめんで織られた布で儀礼用として使用します。ご祝儀袋を袱紗(ふくさ)に包んで受付に持って行きます。間違ってもご祝儀袋をむき出しのままもって行かないように気をつけてください。結婚式の受付で袱紗(ふくさ)からご祝儀袋を取り出します。

結婚式招待状の返信の書き方:結婚式マナー

結婚式招待状の返信の書き方のマナー
  
 結婚式や結婚披露宴の招待状が届いたら返事は早めに出します。
 招待状の出欠を元にして結婚式の座席表が作成され、料理や引き出物の数
量を決定しますので、いつまでも返事をしないと先方に迷惑をかけてしまう
ので気をつけてください。
 返事がないとすすめられない部分もあって相手が困ります。

電話での返事でいいかな?

 仲の良い友人から招待状が届くと電話をすることが多いのですが、電話で
結婚式への出席の意思を伝えたとしても招待状の返信は必ずしてください。
それがマナーです。引っ越していた場合など住所の連絡にもなります。

予定がたたないときはどうするの?
 仕事の関係などで結婚式当日の予定が立たない場合は、あらかじめ電話を
して事情を説明しておきましょう。そして結婚式の何日前には予定がはっき
りするのかを伝えておき、招待状の返信を出しましょう。

 予定が決まった段階ですぐに連絡をいれることも忘れないでください。
 また、身内の病気などで予定が全く立てられない場合は、先方を心配させ
ないためにもはっきりとした事情を話さずに「どうしても都合がつかなく
て…」「やむを得ない事情があって…」と伝えておき、結婚式の後に理由を
伝えるのがよいでしょう。

招待状の返信の書き方
 結婚披露宴の返信の仕方にもちゃんとマナーがあります。
知っていないと見えないところで笑われてしまいます。

表書き:
返信先の宛名には「○○行」や「○○宛」と書かれていますので、「行」
「宛」を二重線で消して「様」と書き換えてください。

裏書き 出席の場合:
「御出席」「御欠席」「御住所「御芳名」と書かれていますが、「御」「御
芳」を二重線で消して、「出席」に○をつけます。「出席」の上には「喜ん
で」下には「させていただきます」と付け加えると丁寧さが増します。

 そしてあいているスペースやコメント欄に「結婚おめでとう」などお祝い
の言葉を添えてください。コメントがあると喜ばれます。


裏書き 欠席の場合:
 出席の場合と同じように「御」「御芳」を二重線で消して、「欠席」に○
をつけます。なぜ欠席しなければならないのかを添えてください。
 法事などで欠席する場合は「都合がつかず」としておきましょう。

 マナーを守って気持ちよく結婚式に参加しましょうね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。